2013/09/10

二大OSに挑む!! モバイル向け新OSのFirefox OSとTizenとは?

二大OSに挑む!! モバイル向け新OSのFirefox OSとTizenとは?

目次

二大巨頭に挑むFirefox OSとTizenとは?

世間では新型iPhoneが発表されたり、国内ではdocomoもiPhone 5Sと5Cの取り扱いを始めることが決定したりと話題をさらっていますね。iPhoneに代表されるように、最近では新バージョンのOSや新機種が続々と発表され、ユーザーも爆発的に増加するなど、世界中でスマートフォンが急速に普及しています。

世界で販売中のスマートフォンやタブレット端末のモバイル向けOSはGoogleを中心に開発が進められている「Android」と、Apple「iOS」が二分していると言って過言ではないでしょう。

「Windows phone」などもありましたが、最近はその名前もあまり耳にしなくなってしまいました。

しかし、そんなAndroidとiOSの二大巨頭の牙城を崩す可能性を秘めた存在として注目されている「第3のOS」があります。

それがMozila foundationによって開発が進められている「Firefox OS」と、
Tizen Associationによって開発が進められている「Tizen(タイゼン)」です。

日本ではまだ販売はされていませんが、Firefox OSはKDDIが、Tizenはdocomoが発売を表明しています。

AndroidとiOSとの違いって?

  • 「でももうiPhoneとiPad持ってるし...」
  • 「AndroidとiPhoneで十分に事足りているのだけど...何が違うの?」

とお思いの方も多いでしょう。

そこで、現在主流となっているAndroid、iPhoneと、これから発売されるであろうFirefox OS、Tizenとの違いについて解説していきます。

まず、4つのOSの違いをほんの一部分だけ挙げてみます。

OSによる違い
AndroidiOSFirefox OSTizen
OS開発者 Google Apple Mozilla Intel、Samsung
端末提供者 国内外の様々なメーカーが提供 ※日本では各社が様々なメーカーの端末を提供 Apple一社による提供※日本ではソフトバンクとKDDIが提供 国内外の様々なメーカーが提供※日本ではソニーモバイルとKDDIが提供予定 Samsungが提供予定※日本ではSamsungとNTTドコモが提供予定
プラットフォーム Linux/Dalvik VM Os x Linux Linux
主な開発言語 Java Objective-C HTML5、CSS、JavaScript、C++ HTML5、CSS、JavaScript、C、C++
開発環境 Eclipse/Java/AndroidSDK XCode/Objective-C/iOSSDK Firefoxアドオンでエミュレータあり TizenSDK

このようになっています。

メリット

まずは「Webベースでの開発」が可能なことです。

これは、HTML5、CSS、JavaScriptによるアプリケーションや機能の開発が可能と言い換えることができます。

今までのスマートフォンでは、特定のハードウェア上のWindowsのような特定のプラットフォーム上で動作させるような仕様であったため、プラットフォームごとの開発が必要だったのに対し、HTML5によるWebアプリはInternet Explorer、Firefox、Google Chrome、safari、Operaなどの各種ブラウザでWebページが閲覧可能なように、ハードウェアに依存しない環境で動作させることが出来るようになります。

また、オープンソースであるため、ライセンス料を払う必要がなくなり、コストを低く抑えられるという特徴があります。

さらに、既存のプログラミング言語を使用するため、プラットフォーム固有のAPIを一から勉強する必要がなくなり、WebプログラマーやWebデザイナーの方でもアプリ開発が容易になるので、様々なアプリがリリースされることもメリットの一つと言えるでしょう。

デメリット

まず、メーカーによる端末のラインナップが限定的になってしまい、販売初期にはユーザーの増加が見込めないことが挙げられます。

また新OSのため、アプリやサービスの開発が一からになってしまい、販売初期段階でのアプリやサービスが少なくなってしまいます。アプリの豊富さや快適なサービスを求めるユーザーにはそのことが受け入れられにくく、上記と同様にユーザーの増加が見込めないことなどがデメリットとなるでしょう。

しかし逆に言えば、競争相手の少ない状態でアプリをリリースすることが出来るということです。一躍有名なデベロッパーになれるチャンスでもあります。

開発環境のインストールとエミュレータの起動

では、Firefox OSとTizenの開発環境を構築し、エミュレータを起動して、両OSがどういったものなのか体感してみましょう。

Firefox OS

まずはここにアクセスしてアドオンをインストールします。

今すぐインストールをクリックし、インストールします。

メニューバーから
ツール→Web開発→Firefox OS simulatorと選択すると

このように表示されます。
左側の「Stopped」となっているスライダースイッチをクリックすると

と表示され、「Running」に切り替わります。 そして、

このようにエミュレータが起動します。
マウス操作に対応して操作できるので、いろいろ体感してみてください。 終了する際にはRunningとなっているスライダースイッチをクリックすると終了できます。

Tizen

まずはここにアクセスして、ご自分の環境にあったインストーラをダウンロードして下さい。

今回はWindow7 64bit版 tizen-sdk-windows64-v2.2.32.exeを利用します。

ダウンロードしたインストーラを実行すると

このように表示されます。基本的にデフォルトのままで構いません。

途中このように別のインストーラが起動しますが、こちらもデフォルトのままで構いません。

インストールが終了したら、スタートメニューから
Tizen SDK→Emulatar Managerを実行すると

と表示されるので、Create NEW VMの大きな+をクリックしてエミュレータを作成します。

適当に名前を入力してconfirmボタンをクリックすると、

このようにエミュレータが作成できると思います。
新しく作成したエミュレータの下にある青い三角ボタンをクリックすると、

このようにTizenのエミュレータが起動します。
こちらもマウス操作に対応しているので体感してみてください。

まとめ

WebページやWebアプリ製作で培った技術と蓄えた知識を活かしてアプリ業界に参入するチャンスだと思いませんか?

もし今までのOSとアプリに不満を感じていたなら、アナタのアイデアと技術で、ビジネスチャンスに変えられるかもしれませんよ!

次回はサンプルコードを用いて開発テストを行ってみたいと思います。乞うご期待!