2013/10/18

Linux入門!仮想マシンの構築とコマンドの入力の仕方

Linux入門!仮想マシンの構築からコマンドの入力の仕方

いずれLinuxを勉強しようと考えてる方も多いと思います。

しかし、Linuxを、WindowsやMacのパソコンにそのままインストールすると既存のシステムを破壊してしまいます。

今回はVirtualBoxを使って仮想マシンを構築して、そこにLinuxをインストールする手順を紹介します。

目次

CentOSのダウンロード

Linuxにはたくさんのバージョン(ディストリビューション)があります。
今回は中でも人気の高いRed Hat系の「CentOS」を使います。

CentOS公式サイト(http://www.centos.org/)

CentOSのダウンロード1

64bitパソコンの方は上の画像のリンクをクリックして下さい。
32bitパソコンの方は隣の「i386」をクリックして下さい。

CentOSのダウンロード2

今回は一番上のサイトからダウンロードする事にします。

CentOSのダウンロード3

CentOS-6.4-x86_64-bin-DVD1.iso」をクリックして下さい。
ダウンロードが始まります。

VirtualBoxのダウンロード

今使っているPCでLinuxを動かす仮想マシンを作るためにOracle社のVirtualBoxを使います。

VirtualBoxの公式サイト(https://www.virtualbox.org/)

VirtualBoxのダウンロード1

上の画像のリンクをクリックして下さい。

VirtualBoxのダウンロード2

Windowsの方は矢印のリンクをクリックして下さい。
Macの方は一つ下のリンクになります。

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxのインストール1

先ほどダウンロードしたインストーラーを実行してVirtualBoxをインストールします。

VirtualBoxのインストール2

Next>」をクリックしてセットアップウィザードを開始します。

VirtualBoxのインストール3

カスタムセットアップ。特に変更する必要はありませんので
デフォルトのまま「Next>」をクリック

VirtualBoxのインストール4

ショートカットを作成するか選択できます。
Next>」をクリック

VirtualBoxのインストール5

インストール時にネットワークが一時切断されるという警告です。
問題なければ「Yes」をクリック

VirtualBoxのインストール6

今までの設定にやり直しが必要なければ「Install」をクリック

VirtualBoxのインストール7

インストールが始まります。

VirtualBoxのインストール8

インストールが完了しました。
VirtualBoxをスタートさせるため、チェックを入れたまま「Finish」をクリック。

VirtualBoxで仮想マシンの作成

VirtualBoxでCentOSを動かすための設定をします。

VirtualBoxの設定1

新規」をクリックして仮想マシンの作成を始めます。

VirtualBoxの設定2

仮想マシンの名前を入力して、今使っているPCの環境を選択します。
今回は「CentOS」とします。「次へ(N)」をクリック。

VirtualBoxの設定3

割り当てるメモリーサイズを指定します。
今回は「1024MB」にします。「次へ(N)」をクリック。

VirtualBoxの設定4

仮想ハードドライブを作成する(C)」にチェックを入れて「作成」をクリック。

VirtualBoxの設定5

今回は他の仮想ソフトウェアで使用しないので
VDI(VirtualBox Disk Image)」にチェックを入れて「次へ(N)」をクリック。

VirtualBoxの設定6

使用量が増えた時の事も考えて
可変サイズ(D)」にチェックを入れて「次へ(N)」をクリック。

VirtualBoxの設定7

特にこだわりがなければデフォルトのままで「作成」をクリック。

VirtualBoxの設定8

CentOS」という名前の仮想マシンができました。
ダブルクリックして起動させます。

仮想マシンへCentOSのインストール

仮想マシンへCentOSをインストールをします。先ほどの画面の続きです。

VirtualBoxの設定9

仮想マシンのOSをインストールするためのダイアログが表示されますが、
キャンセル」で閉じます。

VirtualBoxの設定10

デバイス」→「CD/DVDデバイス」→「仮想CD/DVDディスクファイルの選択
の順にクリックします。
ダイアログが出ますので、先ほどダウンロードした
CentOS-6.4-x86_64-bin-DVD1.iso」を選択します。

VirtualBoxの設定11

インストールするOSのファイルを指定したら、仮想マシンを一度再起動させます。
右上の「×」を押すと終了ダイアログがでますので、
仮想マシンの電源オフ(P)」をチェックして「OK」をクリックします。

VirtualBoxの設定12

もう一度「CentOS」をダブルクリックして起動させます。

VirtualBoxの設定13

CentOSのインストール準備画面です。
通常の場合「Install or upgrade an existing system」を選択して「Enter」を押下。

VirtualBoxの設定14

CentOSのインストールの準備が始まりました。

VirtualBoxの設定15

メディアのチェックです。
今回は「Skip」を選択して「Enter」を押下します。

LinuxのCentOSの設定1

Next」をクリックしてインストール時の設定をしていきます。

LinuxのCentOSの設定2

言語を選択します。
Japanese(日本語)」を選択して「Next」をクリック

LinuxのCentOSの設定3

キーボードを選択します。
日本語」を選択して「次(N)」をクリック

LinuxのCentOSの設定4

今回は本体のHDDを使いますので「基本ストレージデバイス」を選択して
次(N)」をクリック

LinuxのCentOSの設定5

今回は仮想マシンのため既存のOSのデータを上書きしてしまう恐れがないため、
はい。含まれていません。・・・」をクリックします。

LinuxのCentOSの設定6

ホスト名を付けます。今回はデフォルトのままにします。「次(N)」をクリック

LinuxのCentOSの設定7

タイムゾーンを選択します。「アジア/東京」を選択して「次(N)」をクリック

LinuxのCentOSの設定8

rootパスワードを決めて入力します。2箇所入力後「次(N)」をクリック

LinuxのCentOSの設定9

仮想マシンでは未使用HDDを使うのと同じなので
すべての領域を使用する」を選択して「次(N)」をクリック

LinuxのCentOSの設定10

HDDをフォーマットしても問題なければ「変更をディスクに書き込む(W)」をクリック。
今回は仮想マシンに割り当てられた領域だけしかフォーマットされません。

LinuxのCentOSの設定11

デフォルトでは最小限のインストール設定になっています。
今回は「Desktop」を選択して「次(N)」をクリック

LinuxのCentOSの設定12

CentOSのインストールが始まります。

LinuxのCentOSの設定13

CentOSのインストールが終わりました。
インストール完了後「再起動(I)」をクリックして再起動させます。

CentOSの初期設定

再起動させたら、次はCentOSの初期設定をしていきます。

LinuxのCentOSの設定14

進む(F)」をクリックしてセットアップを進めます。

LinuxのCentOSの設定15

ライセンスに同意して
はい、ライセンス同意書に同意します(Y)」を選択して「進む(F)」をクリック

LinuxのCentOSの設定16

ユーザー名とパスワードを入力して「進む(F)」をクリック

LinuxのCentOSの設定17

現在の日付を時刻を入力して「進む(F)」をクリック

LinuxのCentOSの設定18

メモリーが足りないのでKdumpを使用でません、とエラーが出ます。
OK(O)」を押して「進む(F)」をクリック

LinuxのCentOSの設定19

Kdumpを使用しない設定のまま「終了(F)」をクリック
これでCentOSの初期設定は終わりです。

Linuxのコマンドを入力してみる

初期設定が終わった段階で次の画面になっています。

Linuxのコマンドを入力してみる1

先ほど作成したユーザー名が出ていますのでクリックします。

Linuxのコマンドを入力してみる2

先ほど設定したパスワードを入力して「ログイン」をクリック。

Linuxのコマンドを入力してみる3

CentOSのデスクトップが表示されます。

これでLinuxのテスト環境が整いました。

次に簡単なLinuxのコマンドを入力してみましょう。

Linuxのコマンドを入力してみる4

アプリケーション」→「システムツール」→「端末」の順にクリックします。

Linuxのコマンドを入力してみる5

このようなプロンプトが出てきます。

Linuxのコマンドを入力してみる6

試しに「cal」と入力してみましょう。入力後に「Enter」を押下。

Linuxのコマンドを入力してみる7

今月のカレンダーが表示されます。

Linuxには数千のコマンドがあり、このようにプロンプトに入力して操作します。

まとめ

Webやシステムの仕事をする上でLinuxは避けては通れないと思います。
環境を整える敷居の高さからまだLinuxに手を付けられないでいる方は是非この機会に最初の壁を乗り越えて下さい。