2014/01/15

2014年注目のウェアラブルデバイスまとめ

2014年注目のウェアラブルデバイスまとめ

最近様々なウェアラブルデバイスが登場していて、2014年はウェアラブルデバイス元年となります。
ウェアラブルデバイスとは"身に付ける・持ち歩ける"デバイスの総称で、近い将来スマートフォンよりも主流になる可能性もあるかもしれません。
今回は、今後発売が決定しているウェアラブルデバイスをいくつかご紹介します。

Google Glass

http://www.google.com/glass/start/

Google Glass

代表的なウェアラブルデバイスといえば「Google Glass」。
Googleが開発したメガネ型ウェアラブルPCです。
写真の撮影、動画の撮影、ビデオチャット、ナビゲーション、メール、音声翻訳などなど、これひとつで様々なことができてしまう、まさに近未来なメガネ型PCです。

Smarty Ring

http://smartyring.com/

Smarty Ring

「Smarty Ring」は指輪型のウェアラブルデバイス。
スマートウォッチなどと同様に、スマートフォンを連動してメールやメッセージの着信や、SNSのアップデートの通知、音楽の再生・停止などの操作が可能です。

iWatch

http://matome.naver.jp/odai/2136073749793386501

iWatch

非公式コンセプト画像

年内に発売と噂されるAppleのスマートウォッチ、「iWatch」。
バッテリー寿命の問題等で、リリース日が遅れている可能性があるとのこと。
他社のウェアラブルデバイスが続々と発売される中、「iWatch」の新製品発表は未だ行われていないので2015年に延期ということも考えられます。

Fitbit Force

http://www.fitbit.com/jp

Fitbit Force

リストバンド型のウェアラブルデバイス。
時刻、歩数、移動距離、消費カロリー、活動した総時間などを確認出来ます。
ios7対応で、着信通知機能も備わっていて、スマートフォンを取り出さなくても誰からの着信か確認することができます。

Pebble Steel

https://getpebble.com/steel

Pebble Steel

「Pebble」の新モデル「Pebble Steel」が発表されています。
外観がステンレス素材になり、高級感がアップしました。
スペックは「Pebble」と同じで従来と同じアプリの利用が可能です。

Nike+ FuelBand SE

http://store.nike.com/jp/ja_jp/pd/nike-fuelband-se/pid-865331/pgid-865332

Nike+ FuelBand SE

「Nike+ FuelBand SE」は、Nikeのウェアラブルフィットネスバンド。
歩数を計測し、iphoneアプリにそのデータを送信してチェックすることができます。
FuelBandアプリはiOSのみ対応で、Androidには対応していないのでAndroidユーザーの方は全ての機能を利用できないのが残念です。

SmartBand SWR10

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1401/07/news095.html

SmartBand SWR10

SONYが発表したリストバンド型ウェアラブルデバイス。
歩いた距離、消費カロリー、睡眠時間などを計測し、同時に発表されたアプリ「Lifelog」がインストールされたデバイスに転送します。
「Lifelog」は、計測したデータからグラフの作成や記録ができます。
その他にも着信通知、メール通知、音楽再生・停止などの操作も可能です。

Vivofit

http://yukan-news.ameba.jp/20140107-28/

Vivofit

Garminから発売される「Vivofit」。
機能は他のデバイスと大差ないが、長い時間動かなかったりすると運動を促す機能が備わっています。
バッテリー持続時間は1年以上あり、防水加工となっているので長期間使用できそうです。

まとめ

近い将来、スマートフォンよりもウェアラブルデバイスを持ち歩くのが主流になり、マンガのような近未来な時代が訪れるかもしれませんね。
ウェアラブルデバイスの今後に注目したいと思います。