2014/03/28

レザー素材に型押したような質感を表現する方法【photoshopチュートリアル】

レザー素材に型押したような質感を表現する方法【photoshopチュートリアル】

photoshopで以下の様な質感を表現するチュートリアルを紹介してきました。

5分で出来る!photoshopで重厚かつ高級感のある金色を表現する方法
本物にしか見えない!?photoshopでメタリックな質感を表現する方法

今回は、革(レザー)の素材に型押したような質感を表現する方法をご紹介します。
10分程で出来、ロゴやテキストなど様々なものに応用できますので、是非挑戦してみてください。

目次

サンプル

レザー型押しサンプル

今回作成するサンプルはこちらです。

作成方法

それでは実際に手順を解説していきます。

革(レザー)素材を用意

型押し表現に使用する革素材を用意し、カンバスに配置します。

革素材を用意

今回は、カンバスサイズを600×430ピクセルに設定しています。

アイコン、ロゴ、テキストを用意

型押し表現の、型になる部分です。今回は、弊社ロゴを使用して進めていきます。

配置するロゴなどを用意

配置が完了したら、レイヤーを4つにコピーし、それぞれの塗りを0%に設定して下さい。コピーしたレイヤーにそれぞれエフェクトをかけていきます。

一番背面レイヤーにレイヤースタイルを設定

4つにコピーしたレイヤーのうち最背面にあるレイヤーにレイヤースタイルを設定していきます。

【光彩(内側)の設定値】

光彩(内側)の設定値

  • ■描画モード:リニアライト
  • ■不透明度:5%
  • ■色:#000
  • ■テクニック:さらにソフトに
  • ■ソース:中央
  • ■サイズ:25px

【グラデーションの設定値】

グラデーションの設定値

  • ■描画モード:リニアライト
  • ■不透明度:65%
  • ■スタイル:線形
  • ■角度:60°
  • ■比率:100%

【グラデーションの配色】

グラデーションの配色

【グラデーションの設定値】

グラデーションの設定値

  • ■描画モード:ソフトライト
  • ■配色:#FFF
  • ■不透明度:100%
  • ■距離:8px
  • ■角度:0°
  • ■サイズ:8px
  • ■比率:100%

それぞれレイヤースタイルを設定すると以下のようになります。

レイヤースタイル設定結果

2番目のレイヤーにレイヤースタイルを設定

4つにコピーしたレイヤーのうち最背面から2番目のレイヤーにレイヤースタイルを設定していきます。

【ベベルとエンボスの設定値】

ベベルとエンボスの配色

  • ■スタイル:ベベル(外側)
  • ■テクニック:滑らかに
  • ■深さ:1000%
  • ■方向:上へ
  • ■サイズ:13px
  • ■角度:60°
  • ■高度:30°
  • ■光沢輪郭:円錐
  • ■ハイライトのモード:オーバーレイ 不透明度:0%
  • ■シャドウのモード:ハードミックス 配色:#FFF 不透明度:50%

【ベベルとエンボス(輪郭)の設定値】

ベベルとエンボス(輪郭)の設定値

  • ■輪郭:半円
  • ■範囲:35%

【シャドウ(内側)の設定値】

シャドウ(内側)の設定値

  • ■描画モード:焼き込み(リニア)
  • ■配色:#000
  • ■不透明度:15%
  • ■角度:-135°
  • ■距離:3px
  • ■サイズ:5px

それぞれレイヤースタイルを設定すると以下のようになります。

レイヤースタイル設定結果2

3番目のレイヤーにレイヤースタイルを設定

4つにコピーしたレイヤーのうち最背面から3番目のレイヤーにレイヤースタイルを設定していきます。

【ドロップシャドウの設定値】

ドロップシャドウの配色

  • ■描画モード:焼き込み(リニア)
  • ■配色:#000
  • ■不透明度:30%
  • ■角度:-130°
  • ■距離:17px
  • ■スプレッド:2%
  • ■サイズ:25px

それぞれレイヤースタイルを設定すると以下のようになります。

レイヤースタイル設定結果3

最前面のレイヤーにレイヤースタイルを設定

4つにコピーしたレイヤーのうち最前面のレイヤーにレイヤースタイルを設定していきます。

【ベベルとエンボスの設定値】

ベベルとエンボスの配色

  • ■スタイル:ベベル(外側)
  • ■テクニック:滑らかに
  • ■深さ:100%
  • ■方向:上へ
  • ■サイズ:13px
  • ■角度:60°
  • ■高度:30°
  • ■光沢輪郭:線形
  • ■ハイライトのモード:オーバーレイ 配色:#000 不透明度:50%
  • ■シャドウのモード:ハードミックス 配色:#FFF 不透明度:60%

【グラデーションの設定値】

グラデーションの設定値

  • ■描画モード:オーバーレイ
  • ■不透明度:70%
  • ■スタイル:線形
  • ■角度:45°
  • ■比率:100%

【グラデーションの配色】

グラデーションの配色

【ドロップシャドウの設定値】

ドロップシャドウの配色

  • ■描画モード:焼き込み(リニア)
  • ■配色:#000
  • ■不透明度:30%
  • ■角度:-130°
  • ■距離:3px
  • ■サイズ:16px

それぞれレイヤースタイルを設定すると以下のようになります。

レイヤースタイル設定結果4

完成

4つすべてのレイヤーの塗りを0%に設定すれば完成です。

完成

まとめ

今回も背景色の色合いを利用しているため、背景の革(レザー)素材を別のものに変えるとまた違った色合いが表現出来ます。グラデーションの配色を調整すれば様々なものに応用することができます。