2014/06/25

【Photoshop】オブジェクトのカラーを一元管理できるプラグイン「PRISMA」

【Photoshop】オブジェクトのカラーを一元管理できるプラグイン「PRISMA」

「PRISMA」は、ドキュメントに配置したさまざまなオブジェクトのカラーをグルーピングして、一括で管理できるようにするプラグインです。※CS5以降対応
イメージカラーの変更や、修正を行う際に非常に役立ちます。
それでは使い方をご紹介していきます。

http://www.codeadventure.com/
まずはサイトからプラグインをダウンロードしましょう。
Try the Beta for FREE」をクリックします。

Download Prisma Extension」をクリックするとファイルのダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了すると、「Adobe Extension Manager」が起動し、インストールを開始します。 「承諾する」をクリック。

インストールが完了しました。
それではPhotoshopを開きましょう。

Photoshopを開き、「ウィンドウ」→「エクステンション」→「Prisma」を選択します。

アカウントの登録画面が開きます。
Create Account」からアカウントの登録を行います。

登録が完了したらさっそく使ってみます。
左下のファイルアイコンをクリックでファイルを作成し、名前を入力します。

「scheme」フォルダ内でさらに新規作成し、ここでは名前を「blue」色を「#074e68」とします。
実際にデザインを行う際は「mainColor」「subColor」などで作成すると管理しやすいです。

それでは試しにこの3つのアイコンの色を変更してみます。

変更したいオブジェクトを選択し、PRISMAウィンドウの右側のボタンをクリックします。

すると選択したオブジェクトが一括で変更されます。
PRISMAウィンドウのカラーを変更することでグルーピングされているオブジェクト全てに適用されます。

まとめ

別の配色パターンを作成する時や、配色の修正が入った時などにとても役立ちます。
是非お試し下さい。