2014/07/02

Google FontsなどのWebフォントをPhotoshop上で表示できるプラグイン「Web font plugin」

Google FontsなどのWebフォントをPhotoshop上で表示できるプラグイン「Web font plugin」

「Web font plugin」は、Photoshop上でGoogle FontsなどのWebフォントを表示することができるプラグインです。※CS5以降対応
実際に使用するWebフォントをはめ込みながらデザインを進めることができます。
またGoogle Fontsと同期していて、ローカルにフォントをダウンロードすることなく使用できます。
それでは使い方をご紹介します。

http://www.extensis.com/font-management/web-font-plug-in/
まずはサイトからプラグインをダウンロードし、インストールします。

インストールが完了したらPhotoshopを開きます。
「ウィンドウ」→「エクステンション」→「Extensis」を選択します。

「Extensis」が開きました。

「Suitcase Fusion フォント」の横の三角アイコンをクリックし、一番下の「Google」を選択します。

するとGoogle Fontsの一覧が表示されます。
それでは実際にWebフォントを適用してみます。

まずは適当なテキストを作成。
ここでは「Arial」で「Web Font」と書いてみました。

テキストレイヤーを選択した状態で表示したいWebフォントを選択します。
Coda」を適用してみました。

次は「Lato」。
このように簡単にWebフォントを表示することができます。

まとめ

デザイン段階でWebフォントを適用できるのはとても便利です。
デザイン作業が捗ること間違いなしです!是非試してみてはいかがでしょうか。