2014/07/29

サイトをカスタマイズするための基本 Cookieの使い方 PHP編

サイトをカスタマイズするための基本 Cookieの使い方 PHP編

前回は,JavaScript】サイト情報カスタマイズの基本 Cookieの使い方として,JavaScriptにおけるCookieの簡単な設定方法と取得方法を紹介しました

そこで,今回はPHPにおけるCookieの設定方法と取得方法を紹介したいと思います.

目次

PHPでCookieを扱う方法

PHPにおいて,Cookieを設定・取得するためには,setcookie関数と$_COOKIE変数を利用します.

setcookie関数は任意の名前のCookieを定義でき,オプションを指定することで,値や有効期限を設定することが出来ます.

$_COOKIE変数は,HTTPCookieから渡された連想配列になっていて,Cookie名を指定して値を取得します.

サンプルコード

Cookieの設定

Cookieを設定するには先に述べたように,secookie関数を使用します.

setcookie ( "cookie_name", $value );

setcookie関数の引数には,以下の表のようなオプションを指定することも出来ます.

引数概要
name Cookie名
value Cookie値
expire 有効期限をUNIXタイムスタンプ
path Cookieを有効にするパスを指定
domain Cookieを有効にするドメインを指定
secure true:アクセス先が安全な場合のみCookieを送信
httponly true:HTTPからのみCookieへのアクセスを許可する

Cookieの取得

Cookieを取得するには,先に述べたように,$_COOKIEの連想配列にCookie名を指定して取得します.

$cookie = $_COOKIE ["cookie_name"];

Cookieの値を出力する場合は,htmlspecialchars関数を利用して値をデコードする必要があります.

まとめ

JavaScriptと同様に,ロード時に$_COOKIE変数を読み込んで判別することで,ユーザに合わせたカスタマイズを行うことが出来ます.

※個人情報などの重要な情報をCookieに設定することは危険なので,避けてください.