レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインとは、一つのHTMLにデバイスごとに異なるCSSを適用させ、PC・タブレット・スマートフォンなど、あらゆるデバイスで最適化されたウェブサイトを実現する制作手法です。

レスポンシブ

レスポンシブウェブデザインが注目され始めた背景には、スマートフォンの爆発的な普及があります。
より手軽に、どこにいても検索することが容易になったため、スマートフォンでのPCサイト閲覧の機会が増えました。
しかし従来のPC向けサイトでは大きすぎてスマートフォンでの閲覧には不向きでした。
そこでウェブサイト訪問者がどのようなデバイスでアクセスしたとしても変わらない使いやすさを提供することを目的としてレスポンシブウェブデザインという手法が生まれました。
デバイスごとに専用のHTMLを用意するとコストもかかり、更新作業も時間がかかってしまいます。
その点レスポンシブウェブデザインなら一つのHTMLを基にしているのでコストも作業時間も抑えることが出来ます。

スマートフォン対応をお考えのお客様は、是非スタイルのレスポンシブウェブデザインでのウェブサイトをご検討下さい。

  • お見積り依頼
  • お問合わせ